小野仁美さんの画像

小野仁美 Hitomi ONO

芸術支援プログラム 第3期生
武蔵野美術大学大学院出身
油絵専攻

2018. 武蔵野美術大学大学院 造形研究科 修士課程 美術専攻 油絵コース 修了
現在、 東京を拠点に活動中。

【主な展示】
2024. シーズプログラム第29回 小野仁美 個展「汀-migiwa」 数寄和/西荻窪
2021. 小野仁美展「Dilly-dally」 space2*3/日本橋
2019. 新宿クリエイターズ・フェスタ2019「ビヘイビア」 ヒルトピア アートスクエア/新宿
2018. Roppongi α Art Week「小野仁美展」 六本木605画廊/六本木
2017. 「行进中的日本青年艺术家群展」 言午画廊/上海
2016. 画廊開設35周年記念 小野仁美個展「虹をさがして雨音をつれゆく」 アートスペース88/国立

【その他】
2018. 平成29年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展 研究室賞
2017. 第32回ホルベイン・スカラシップ奨学生 認定
2016. 神山財団 芸術支援プログラム 第3期
一般財団法人 守谷育英会 修学奨励金 奨励賞

小野仁美の作品画像
小野仁美の作品画像
小野仁美の作品画像
小野仁美の作品画像

神山財団の奨学生であることは、作家活動に励むモチベーションになっています。

大学院を修了して6年が経ちます。現在は子育てをしながらアトリエで作品の制作をしています。
結婚や介護、仕事、環境の変化や維持などで制作を続けることが難しくなる話も聞きます。幸い周りの理解や環境に恵まれたこと、同じ神山財団の奨学生の活躍を見聞きしたり、財団の展示支援サポートやプログラム、神山財団の奨学生であることは、作家活動に励むモチベーションになっています。
私は芸術支援プログラム第3期生ですが、今後も後輩が増え続け、縦や横の作家同士意識しながらそれぞれの表現で切磋琢磨できるようになったら嬉しいです。